ヒアルロン酸はなぜ必要?

ヒアルロン酸は人間の中にもともとある成分ですが、それではなぜ美容商品、健康食品などから摂取しなければならないのでしょうか?
その理由は、ずばりヒアルロン酸が加齢とともに減少していくことにあります。
では、減少するとどのようなデメリットがあるのでしょうか?
それはズバリ肌に対するデメリットが非常に多くなることです。
ヒアルロン酸は皮膚の真皮と呼ばれる層に多く含まれています。真皮とは表皮(もっとも外側の組織)のすぐ内側で、皮下組織の表にある部分のことです。この部分にヒアルロン酸が沢山含まれていると、水分を保ち弾力を持つので、肌の質感はもちもち・つやつやしてきます。生まれたばかりの赤ちゃんの肌を想像してみてください。モチモチしてとてもさわり心地がいいですね。

しかし、ヒアルロン酸が少なくなると水分を保つことができなくなり、乾燥してカサカサし、弾力も失われるのでしわになったり、皮が垂れたように見えたりします。実際、老化とヒアルロン酸の量は関係しています。

とりわけ30才代から減少が顕著になります。何もしないと40才代には赤ちゃんの時の半分以下に失われてしまうことも!
老化に伴って、ほほが垂れたり、目の下が窪んだり、しわが増えたりするのはヒアルロン酸の減少が原因だったのです。

ヒアルロン酸に関わる商品が美容系に多いのはこういう理由があるからなんですね!

追記~ヒアルロン酸が体内で増える成分がある!?

2012年の10月に発表されたばかりなのですが、従来体内で自己的に増やすことができなかったヒアルロン酸が、ある成分と一緒に摂取することで、体内で自己増殖するという商品が現れました。

その成分の名前は「アイハ(iha)」というもの。皇潤というヒアルロン酸サプリでおなじみのエバーライフが開発した成分で、ウサギなど動物実験などで実証されたそうです。

今まで摂取し続けなければ増やすことができなかったヒアルロン酸が増えていくのはとても画期的なことですね。ただ、今はまだ皇潤でしかその成分は入っていないので今後一般的に普及していくのかは気になるところです。
アイハとヒアルロン酸の関係についてもっと詳しく知りたい方はこのサイトを見てみてください。

ヒアルロン酸の活用事例